本日もやってまいりました!サイト運営スタッフが「知らなきゃ損なiPhone情報」をお届けさせていただきます!

avatar
黒川
最近アプリをインストールしたり、音楽をたくさんダウンロードしたりしたから、まだiPhoneの容量が残っているか心配だな……

みなさんもこのようにiPhoneのストレージ容量について悩んだことがあるのではないでしょうか?容量が少なくなると、写真やファイルがうまく保存できなくなる、動作が重くなるなどの症状が出て、サクサクiPhoneを操作することができなくなります。

そうならないように、普段からストレージ使用量には気を付けたいですよね。

そこで今回は、iPhoneのストレージ使用量を確認する方法やアプリを取り除いたり、削除したりして容量を確保する方法を紹介します。

iPhoneストレージ使用量の確認方法

まずは、ストレージ使用量の確認方法を紹介していきます。iPhoneはとても便利なので、ついついたくさんのデータを取り込んでしまいますよね。

しかし、データを取り込みすぎると容量がなくなり、iPhoneが思い通りに操作できなくなるかもしれません。

普段からこまめに、ストレージ使用量を確認している人は少ないと思います。この機会に確認してみましょう!

確認方法

手順は簡単3ステップ!

1)設定→「一般」をタップ
2) 「iPhoneストレージ」をタップ
3) 表示された内容を確認!

1、設定を開き、「一般」をタップします

2、「iPhoneストレージ」をタップします

3、iPhoneストレージ画面が表示されます

ストレージの使用状況を確認する

ここで、ストレージの使用状況を確認することができます。使用済みの部分を見ることで、iPhone全体の容量と現在使用している容量を見ることができます。

私の場合、iPhone全体の容量が64GBで、現在使用している容量が17.7GBになっています。まだストレージ容量に余裕があるので安心ですね。

カテゴリごとに確認できる

棒グラフを見ると、カテゴリごとに使用容量が色分けされているのがわかると思います。カテゴリは以下のように分類されています。

  • アプリ
  • 写真
  • メディア
  • メール
  • Apple Books
  • メッセージ
  • iCloud Drive
  • その他
  • システム

色分けして分類してあるので、どのカテゴリでどれくらいの容量を使っているのか一目でわかるようになっています。他の色と比べて割合の多い色があると、そのカテゴリでたくさんの容量を使っているということなので、気を付けるようにしましょう。

アプリごとの使用状況を確認する

ストレージの使用状況の下には、インストールされているアプリとそのアプリが使用しているストレージ容量がかかれているリストが表示されています。

このリストは、ストレージ使用量が大きいアプリ順に表示されます。どのアプリがたくさん容量をとっているのかわかりやすいですね。


各アプリをタップすると、その使用状況の内訳を確認できます。アプリ内の詳しい状況を確認したい時は、試してみてください。

アプリを取り除くか削除し、容量を確保する方法

「容量が少なくなってきたな〜」「ストレージの容量が足りない!」このような状況になると困りますよね。

インストールされているアプリを取り除いたり、削除したりすることで容量を確保することができます。容量がない時には、この方法を試してみてください。

アプリを取り除く

まずは、アプリを取り除く方法を紹介します。アプリを取り除くことで、アプリ本体が使っている分だけのストレージを解放することができます。

取り除いたアプリの書類やデータはそのままiPhoneに保管されているので安心してください。もう一度アプリを利用したいと思った時には、アプリを取り除いた時と同じ状態で利用することができます。

やり方

  1. 取り除きたいアプリを選ぶ
  2. 「Appを取り除く」をタップ
  3. 確認メッセージで再度「Appを取り除く」をタップ

1、iPhoneストレージ画面から取り除きたいアプリを選択します

2、「Appを取り除く」をタップします

3、確認画面が表示されるので「Appを取り除く」をタップします

非使用のアプリを取り除く

アプリを取り除く方法には、もう一つ非使用のアプリを取り除く方法もあります。非使用のアプリを取り除く設定をしておくことで、iPhone内に未使用期間の長いアプリがある場合、自動的にアプリを取り除いてくれます。

やり方

  1. 「App Store」をタップ
  2. 「非使用のアプリを取り除く」をONにする

1、設定を開き、「App Store」をタップします

2、「非使用のアプリを取り除く」をオンにします


iPhoneストレージ画面で非使用のアプリを取り除くがおすすめに表示されている場合は、有効にするをタップすることでも非使用のアプリを取り除くことができます。

アプリを削除する

次にアプリを削除する方法を紹介します。アプリを削除することで、アプリが使用していた分のストレージを解放することができます。

しかし、一度を削除してしまうとアプリのデータは全て消えてしまいます。そのため、データが消えると困るアプリは、削除するのではなく取り除くようにしましょう。

やり方

  1. 削除したいアプリを選ぶ
  2. 「Appを削除」をタップ
  3. 確認メッセージで再度「Appを削除」をタップ

1、iPhoneストレージ画面から削除したいアプリを選択します

2、「Appを削除」をタップします

3、確認画面が表示されるので「Appを削除」をタップします

まとめ

  • カテゴリごとやアプリごとにストレージの使用量を確認できる
  • 容量が足りない時はアプリを取り除いたり、削除したりして容量を確保する

いかがでしたか?今回は、iPhoneのストレージ使用量を確認する方法やアプリを取り除いたり、削除したりして容量を確保する方法を紹介しました。

iPhoneのストレージ容量が足りないと、アプリをインストールできない、iPhoneがしっかり動かないなどの症状が出ることがあります。

普段からストレージ容量を確認しておき、このようなことがおこらないようにしましょう。それでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。


▼ こちらは関連記事です。iPhoneの容量が圧迫される原因は「写真サイズ」にあるかも!? 設定を見直す方法を紹介しています!