本日もやってまいりました!サイト運営スタッフが「知らなきゃ損な iPhone 情報」をお届けさせていただきます!

あなたは、iPhoneにダウンロードしたゲームアプリなどはありますか?

avatar
山下
最近のゲームアプリは、家庭用ゲーム機と変わらない位、色々遊べて楽しいですよね。

ゲームアプリに限らず、動画配信アプリを観るのが日課という人もいるでしょう。スマートフォンは、今では私達の生活に欠かせません。

ところが、ゲームアプリや動画アプリを使用してても、音が出なくなってしまっては、楽しみも半減してしまいます。

音が出ないのは困りますよね。「スピーカーの故障」という場合もあるでしょう。

ですが、故障と判断する前に試して欲しいことがあります。もしかすると、音が出ない設定にしているだけかもしれません。

この記事では、iPhoneアプリ音が出ない時の対処法について解説していきます。

故障かな?の前に

音が出なくなってしまうのは困りますよね。

デバイスを落としてしまった、または水没してしまったことによるスピーカーの故障は、修理が必要です。

しかし、「あ、そんな理由だったんだ…」とすぐに解決できる場合もあります。

下記に、音が出ないありがちな原因を紹介します。実際に「スピーカーの故障」なのかを確かめてみましょう。

  • デバイスのボリュームがゼロだった
  • 使用アプリのボリュームがゼロだった
  • マナーモードにしていた
  • ワイヤレスのイヤホンを使用していた
  • スピーカー部分・イヤホン部分が汚れていた

デバイスの再起動もおすすめ

iPhoneは精密機器です。処理の重いアプリの起動や、バックグラウンドアプリが複数ある状態では、デバイスへの負荷は大きくなってしまいます。

さらにはストレージ容量が一杯の状態も、デバイスに負荷をかけてしまう原因です。

デバイスの負荷により、音への不具合が発生してしまったのかもしれません。

バックグラウンドアプリを終了させ、不要なデータやアプリを削除し、デバイスの再起動を行いましょう。

avatar
山下
デバイスの負荷がリセットされ軽くなりますので、動作が重たい時などにも効果的です。

試してほしい5つの方法

では、上で紹介した5つの方法について解説していきます。

1:デバイスのボリュームがゼロだった

iPhone本体のボリュームがゼロなら、勿論音は出ません。手始めにデバイスのボリュームを確認しましょう。

  1. 設定をタップ
  2. サウンドをタップ
  3. 着信音と通知音を確認する
サウンド画面

設定アプリからサウンドをタップすると、「着信音と通知音」のバーが表示されますので、ゼロ(一番左)になっていないか確認しましょう。

右に移動するほど、ボリュームが上がります。

POINT

ボリューム確認をする際は、周囲の迷惑にならない場所で行いましょう。

iPhoneのホーム画面

デバイスのボリュームボタンを操作して、ボリューム調整も可能です。

2:使用しているアプリのボリュームがゼロだった

使用しているアプリのボリュームがゼロになっている為、音が出ないという可能性もあります。

アプリによっては、各アプリ内に設定があり、ボリューム音量やSEの再生など細かく指定することも可能です。

デバイスから音が出ても、対象のアプリだけ音が出ない場合は、アプリの設定を確認してみましょう。

POINT

アプリのボリューム設定内容は各アプリで異なります。対象アプリのヘルプなどをご確認下さい。

3:マナーモードにしていた

周囲の迷惑とならない様に、意図的にデバイスから音を出なくするマナーモードを「知らずのうちに設定している」という可能性もあります。

iPhone本体の側面をご覧下さい。

iPhone6sのマナーモード状態

iPhoneがマナーモードになっていると、上記画像の様に「奥に赤色」が見えます。この赤色が見えたら「マナーモード状態」です。

マナーモード状態では、いくらボリュームを上げても音は出ません。

なので、iPhoneがマナーモードになっているのか確認しましょう。

avatar
山下
「マナーモード解除するの忘れてた」って人は意外といます。

4:ワイヤレスイヤホンを使用していた

Bluetoothでデバイスに接続する「ワイヤレスイヤホン」を愛用する人は多くいます。AirPodsを使って音楽を楽しんでいる人もいるでしょう。

イヤホンが接続されていれば、音はイヤホンから出ます。つまり、デバイスからは音が出ません。

ワイヤレスイヤホンを使用されている人は、一度イヤホンを確認してみて下さい。

5:スピーカー部分・イヤホン部分が汚れていた

デバイスのスピーカー部分に汚れが付着している。または、イヤホンジャック部分がホコリや汚れによって「イヤホンが接続されている」と誤認されてしまう場合があります。

カバンやポケットに入れて持ち運ぶ為、ホコリや汚れが付着してしまうことはあるでしょう。

デバイスの手入れにも意識を向け、綺麗に取り扱う様に心がけましょう。

修理が必要な場合

上で紹介した対応でも解決しない場合、「スピーカーが故障している」という可能性もあります。

その場合は修理が必要です。

iPhoneの修理は正規AppleStoreや各キャリアショップでの修理受付となります。お店に出向けない場合、宅配サービスで修理受付を済ませることも可能です。

ただ、実際に「本当にスピーカーが壊れているのか分からない」状態で修理に出すのも変ですよね。

宅配修理サービスを利用すれば、数日間はデバイスが手元にない場合もあるでしょう。それも困りますよね。

最近では、Apple非正規の修理店が店舗数を増やしています。

非正規修理店での利用

街角や大きな商業施設内にお店を構えており、修理の内容によっては「その日に修理を完了するお手軽さ」が魅力となっています。

avatar
山下
ショッピングついでにiPhoneの修理というのもできますよ!
All Smart Phone Media

スマプラも、スマホ修理を請負うお店のひとつです。

スマプラでは、修理以外にも豊富なスマホアクセサリーを取り揃え、お客様をお待ちしております。

勿論、修理の相談にも対応しておりますので、お気軽にご来店下さい。

POINT

非正規店での修理は価格的にも安く抑えられ、その日に対応できる早さが魅力的です。

しかし、非正規店で修理を行ったデバイスは「改造」と扱われる為、正規店でのサポート対象外となります。

まとめ

iPhoneアプリの音が出ないのには、様々な理由が考えられます。しかし、少し設定を確認するだけで「そんな理由だったんだ」と悩みが解決する場合もあるでしょう。

故障かな?と考える前に、紹介した対応方法を試してみて下さい。

しかし、実際にスピーカーが故障しているのなら音は出ません。この場合は修理になります。

修理のご相談には、お近くのスマプラをご利用下さい。

また、スマートフォン全般に関するお役立ち情報では、iPhoneの情報を多数公開しています。 ぜひ、こちらも併せてご覧下さい。