本日もやってまいりました!サイト運営スタッフが「知らなきゃ損なiPhone情報」をお届けさせていただきます!

avatar
黒川
「iCloudに保存しようとしたらiPhoneのバックアップに失敗しました」って出ちゃった…なんで?
avatar
山下
それ、きっとストレージが足りてないんじゃないかな…ストレージの容量は見てみました?

ストレージ(=データの保存場所)が足りなくなると、iPhoneから何らかの方法で通知が届くようになります。ストレージ不足でバックアップが取れない状態にあると、万が一のときにデータが消えてしまう可能性も⁉

いざという時に後悔しないよう、日頃からチェックしておきましょう。今回はそんなストレージの見方をお伝えいたします!

最後に「ストレージが足りてないことが分かったけどどうすればいいの?」にお答えする、ストレージの増やし方もご紹介しますね。

【iPhone】2種類のストレージの見方!

まずiPhoneのストレージには、iPhone本体のストレージと、iCloudのストレージの2種類があります。それぞれの違いと、空き容量を確認する方法をチェックしていきましょう。

① iPhoneストレージの見方(本体のストレージ)

iPhoneストレージとは、iPhoneを購入するときに選ぶ容量(GB)によって変わります。例えば64GBや256GBなど、使用用途や金額で選択した方が多いのではないでしょうか。

確認方法はとてもカンタン、たったの2ステップです。

iPhoneストレージの確認方法

  1. 設定アイコンから【一般】を選択
  2. 【iPhoneストレージ】をタップすればストレージの情報が見られます

ここから空き容量や内訳を見る事ができますよ!

avatar
山下
この場合はAppが使用容量の割合を占めていますが、全体としてはまだまだ余裕がありそうですね

それぞれの意味は?

App、写真はそのままなので分かりやすいですよね。では、システムやメディア、その他は何のデータを示すのでしょうか。

システムiOSそのものの容量、設定、バックアップ、アプリゲーム、キャッシュ、ファイルなど
メディア音楽、ムービー、テレビ番組、ブック、アートワークなど
その他iOSやアプリが一時的に使用したキャッシュファイル、
ソフトウェア・アップデート、Siriの音声、システムデータなど

システムは、iOSそのものの容量を含むため完全に削除することはできません。写真やAppであれば、iTuneやGoogleドライブに移したり、あまり使っていないものは削除してしまえば減らすことが可能です。

② iCloudストレージの見方

iCloudストレージとは、Appleが提供しているデータ保管場所のことです。5GBまでは無料で利用できますが、それ以上の容量を使いたいときは購入する必要があります。

▽50GB で月額130円。50GBの目安は写真16,000枚以上が保存できる程度です。

iCloudストレージの確認方法

設定内の一番上にある、自分の名前があるところをタップ

→【iCloud】

→ここから、ストレージの内訳を見る事ができます。

△この場合、5GB中5GB使用中で容量不足なのがわかりますね。

iPhoneとiCloud、ストレージの違い

iPhoneストレージiCloudストレージ
保存先iPhone本体内(本体破損でテータが損失する可能性がある)インターネット上(本体破損の影響は受けない)
追加購入できないできる

上の表のとおり、iPhoneが万が一故障してしまったとき、データが消えてしまう可能性があるのがiPhoneストレージ内のデータです。

一方、iCloudストレージのデータは、iPhone本体にトラブルがあったとしてもインターネット上に残ります。

また、追加購入できるのはiCloudストレージのみです。iPhoneストレージがいっぱいになってしまったときは、iCloudストレージを購入してデータを移すなどの対策が必要です。


▼ 内蔵ストレージ(フラッシュメモリ)の関連情報はこちらから!

iCloudストレージの豆知識

iCloudストレージでバックアップを取っておこう

▽iCloudでバックアップを取っておくことはとっても大切。そのためにも、普段からストレージの空き容量を把握しておく必要があります。

https://twitter.com/sirotogin_usagi/status/1306462466755325952?s=20

自動バックアップの設定方法

iCloudストレージでは自動でバックアップを取れるよう、設定をしておきましょう。

設定→自分の名前→【iCloud】

→「ストレージを管理」の下に、【iCloudバックアップ】があります。これをオンにします。

iCloudで自動バックアップされる条件

【iCloudバックアップ】をオンにする他に、自動バックアップをするための条件が、4つあります。

  • Wi-Fiに接続されている
  • ディスプレイをロックしている
  • iPhoneを電源に接続している
  • iCloud の空き容量がある
avatar
山下
家にWi-Fiがあれば、寝るときに充電しておくだけで良さそうだね!

iCloudの空きがないとどうなる?

自動バックアップ設定をしていても、iCloudに空き容量がなければバックアップはできません。不足しているとこのように、iPhoneから「iCloudの容量が足りないのでバックアップできていませんよ!」という通知が届いてしまいます。

▽また、iCloudバックアップ内の【今すぐバックアップを作成】の下には、このような表示がされてしまいます。

avatar
黒川
この例だと最悪の場合「2020年9月18日9:19」より後のデータは消えてしまうってことね!

ストレージを確保するためにできること

それぞれのストレージについて、容量がいっぱいになってしまいそうなときはどうしたら良いのでしょうか?

共通して言えるのが、不要なコンテンツを削除することです。一時的に使っていても今は不要なアプリなどは、思い切って削除してしまいましょう。

不要なコンテンツを削除する

iPhoneストレージ内であれば、不要なコンテンツを削除するときに、一覧で「日付」や「サイズ」を確認すると良いです。

最近使っていないもの、サイズの大きいものから削除していけば、より効率的に容量を確保できるからです。

▽【非使用のAppを取り除く】を使うこともおすすめします。これは、あまり起動していないアプリを自動削除してくれる機能です。

写真やビデオのデータは移してしまおう

写真やビデオが大多数を占めている場合、データを他に移してしまうのが手っ取り早いでしょう。主に3つの方法があります。

写真データを移す方法

◎ Googleフォトに移す
〇 外付けストレージ(USBメモリー等)に移す
〇 iCloudの容量を追加購入する

物理的にUSBメモリーに移してしまう、iCloudを追加する、これは共に有料で購入が必要になります。

USBメモリー

Googleフォトを使う

その一方、Googleフォトは容量に制限がありますが基本的には無料のため、お金をかけずに写真データを移すことができます。(App内課金制度あり)

2021年5月末までは、元のファイルサイズを圧縮して保存すれば、無制限で使えましたが、今は1カウントあたり15GBまでと制限されています。とはいえ、無料のクラウドストレージなのでありがたいですよね!

一方で、動画をアップロードするときに時間がかかり不便だという意見も。Wi-Fi環境に配慮して行うのがよさそうですね。

【良い評価】

・写真は高画質無制限で、無料なのが怖いくらい。

・Googleフォトに移してしまえば、iCloudの容量を空けられます。

【悪い評価】

・動画のバックアップが遅すぎることも。中々終わらない為に、容量が足りませんと本体からの通知が来ることが多々あります。

引用:App公式
Google フォト
無料
(2020.11.02時点)
posted with ポチレバ

▼ 写真サイズも容量を圧迫する原因の1つ! この機会に確認してみましょう。

まとめ

  • iPhoneストレージとiCloudストレージの二種類がある
  • iPhoneストレージは、iPhone本体内にデータを保存する
  • iCloudストレージは、インターネット上にデータを保存する
  • iCloudで自動バックアップ設定をしておくと安心
  • 容量不足のときは、不要なコンテンツを削除する
  • 写真データが大量の場合は、Googleフォトなど無料のクラウドストレージも使ってみよう

いかがでしたか?

ストレージを定期的にチェックして容量を確保しておけば、快適に利用できますね。iPhoneから届く煩わしいメッセージだって回避できます。

最後までお読みいただきありがとうございました。