本日もやってまいりました!サイト運営スタッフが「知らなきゃ損な android 情報」をお届けさせていただきます!

みなさん、ダークモードってご存知ですか?

avatar
山下
なんか画面が黒くなるやつ?
avatar
黒川
大正解です!

「でも何がいいの?」とか、「どうやって設定するの?」と思われた方、ぜひこの記事を読んでみてください。

ダークモードって、実は設定はとってもカンタンで、メリットがいっぱいなんです。知らないとAndroidの機能を活かしきれてないといっても過言ではないくらい!

Android10以降なら一発で、それ以前のバージョンの方もアプリ設定やホームアプリでダークモード化できちゃいますので、早速方法をご紹介していきますね。

一番最後にダークモードのメリットもまとめて解説します。

Android10以降ならダークモード(ダークテーマ)が標準で使える

Android10以降にアップデートされた端末であれば、カンタンにダークモードが設定できます。(Androidでの呼び名は正式には「ダークテーマ」)

今までも、対応アプリについてはそれぞれ設定すればダークモードにできましたが、Android10で正式搭載されたことによりOSレベルでテーマが切り替わるようになり、対応しているアプリも自動的に連携して切り替わってくれるようになりました。

avatar
山下
機種が古いなどでAndroid10以降にアップデートできない方は、後半でOSに頼らないダークモードの設定の仕方を2パターンお伝えするので、後半までスクロールをお願いします
操作上のご注意

基本的な操作の流れは同じなのですが、Androidは端末ごとに設定の名称や操作方法が異なる場合がよくあります。全体の流れを参考にしていただき、詳細な情報が必要な場合はGoogle公式サイトや端末の提供元サイトをご確認ください。

Androidのダークモード化は【設定】の【ディスプレイ】から

  1. 【設定】から【ディスプレイ】や【画面】といった項目を選択
  2. その中に【ダークテーマ】という項目があるので、オンにすれば完了

作業はたったこれだけ!!

【ディスプレイ】や【画面】の項目がもし【設定】から見つからなければ、【ユーザー補助】の先にある場合があります。

avatar
山下
もしくはGoogle検索の端末内検索で【ダークテーマ】を検索していただいても早いですよ!

オンオフするなら【クイック設定】に追加して使おう

Google公式情報にある通り、ダークテーマはクイック設定パネルに追加ができる機能です。

avatar
山下
なのでそれを生かし、クイック設定に追加→オンの流れでダークテーマ化しましょう!


引用:Y!mobileXperia8クイック設定パネルを利用する

  1. ステータスバーを下にドラッグし、クイック設定パネルを開いてください
  2. そこですべての画面が見えている人はそのまま、クイック設定パネルが狭い方はさらに画面を下にドラッグして展開してください
  3. 上記画像の12番、ペンマークをタップすると設定項目の追加・削除や並び替えが出来ますので、そちらから【ダークテーマ】を探してください

ダークテーマのアイコンは右のようなデザインのことが多いようです

クイック設定について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてくださいね。

Android10以降にアップデートする方法

インターネットにつながっているスマホであれば、アップデートが必要なタイミングでロック画面に通知が表示されるので、通知をタップして画面の手順に従えばアップデートできます。

「通知消しちゃってるよ~…」という方、「いきなり操作するのは不安すぎる」という方は、システムアップデートについて下記の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひ読んで試してみてくださいね。

avatar
山下
残念ながらシステムアップデートできない端末もありますので、その場合は次の項目の方法でダークモード化してください!

Android10でなくてもダークモードにできるアプリ

avatar
黒川
このTwitterの方もそうですけど、私のタブレットもシステムアップデート対応してないんですよ…
avatar
山下
そんな場合は、「個別のアプリ」と「ホームアプリ」からダークモードにしてしまいましょう!

個別アプリもホームアプリ(ホームランチャー)も、両方設定すれば本格的なダークモードにできますよ。

設定から変えられるAndroid10に比べると若干面倒ではありますが、切り替えないなら一回だけの作業ですし、操作自体は簡単です。

では、以下の順番にご説明します。

  1. 個別アプリやブラウザをダークモードにする
  2. ホームアプリ(ランチャー)をダークモードにする

1.ダークモード設定できるアプリ

よく使われているアプリで、Android10でなくてもダークモードにできるものを一部ご紹介します。

ブラウザ

  • Google Chrome
  • Opera
  • Firefox

メッセージ系

  • LINE
  • Skype
  • Facebook messenger
  • Twitter

その他

  • Googleカレンダー
  • Google keep
  • YouTube

Google系のアプリが多いですが、残念ながらすべて対応しているわけでなく、GmailはAndroid10以降だけの対応です。(Chromeは5、カレンダーとkeepは7以降の対応)

下記の喜びのTwitterの通り、YouTubeにはダークモードがあるんです。動画だけが浮き出して見やすいですよ~

もう一つ、Facebook Messengerは対応しているのに、Facebookは対応していないのでご注意ください(なぜ本家が対応していないのかは謎です)

avatar
山下
では、よくある設定の流れの例としてブラウザのChromeでの設定方法と、ちょっと変わった設定方法のLINEのやり方をご紹介します。

Google Chromeでダークテーマを設定する(よくある流れの例)

  1. 【Google Chrome】を開き、右上の⋮(【設定】)をタップ
  2. 【全般】から【テーマ】を探し、【ダーク】を選択すればOK

大抵、設定の中に【ダーク】【ダークモード】【ナイトモード】などの項目があるのでそちらをONにすれば完了です!

LINEでダークモードを設定する

avatar
黒川
LINEは実はダークモードという設定ではなく、黒い「着せかえ」を利用することでダークモード化します
  1. ホームの右上の歯車アイコン(【設定】)から【着せ替え】を選択
  2. 【マイ着せ替え】を選び、画面下部の「着せ替えショップへ」をタップ
  3. 上からスワイプして検索窓を出して「ブラック」で検索
  4. 「ブラック」を、タップして【ダウンロード】を選択
  5. 今すぐ適用するでOK

 

★ブラックの着せ替えダウンロードページはコチラから(LINE STORE)も直接開けます!

2.ホーム画面もダークモードにしたいならランチャーを使おう

ホームアプリ(ランチャー)を使えば、アプリだけでなくホーム画面などもすべてダークモードにできるものがあります。

avatar
山下
こちらなら、かなり「設定からダークテーマにした」っぽくなりますよ〜

例として、Microsoftランチャーと、NOVAランチャーをご紹介しますね。

Microsoft社のホームアプリ、Microsoftランチャー

引用:Google Play Microsoftランチャー

Microsoft社のホームアプリでダークモードが選べるようになったのは2020年と割と最近のことのようです。

OfficeやMicrosoftアカウントをお使いの方におすすめのランチャーです。

▼ダウンロードはコチラから!

Microsoft Launcher
Microsoft Launcher
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

自由度が人気のホームアプリ、NOVAランチャー


引用:Google Play NOVAランチャー

かなり前からある定番人気のホームアプリ、「NOVAランチャー」も、ダークモードが選べます。

NOVAランチャーは機能性と自由度の高さがポイントのアプリなので、ダークモード以外にもお好みの設定が色々できますよ!

▼ダウンロードはコチラから!

Nova Launcher ホーム
Nova Launcher ホーム
開発元:TeslaCoil Software
無料
posted withアプリーチ

ランチャーアプリについてはこちらの記事でもご紹介しているので、気になった方はぜひ読んでみてくださいね。

ダークモードのメリット・デメリット

ダークモードのメリット

ダークモードのメリットは、大きく以下の2点です。

  1. 目に優しい
  2. 電池が長持ちする
avatar
黒川
あと、なんとなく見た目もクールでカッコいいですよね

画面の大半を黒にすることで、明るさが抑えられるので、目に優しく・電池も減りにくくなるんです。

特に夜間などはスマホの光で寝付きが悪くなるなどとも言いますよね、それがダークモードにすると光の量が抑えられることで、改善されるケースもあるらしいですよ!

ダークモードのデメリット

avatar
山下
一方で、勿論デメリットもあります
  1. 文字が読みにくい
  2. 文字色が判別しづらい

光の量が少ないので、どうしても慣れるまでは文字が正直読みづらくなります。黒背景に白文字はともかく、リンクなどで色がついた文字は特に読みづらい感じがします。

ただこれも慣れが大きいと言われているので、一度、最初は見にくいなーと思っても一定の期間を決めて試されてみるのも良いかもしれません。

avatar
山下
あとは、クイック設定パネルでオンオフを出来るようにしておいて、ご自身にとって読みやすさに問題のないシーンだけダークモードにするのもオススメです!

クイック設定パネルにダークモードを追加する方法は、この記事の真ん中ちょい上あたりでご説明していますので、参考になさってください。

まとめ

本記事では、Androidをダークモード化する方法についてご説明してきました。

  • Android10以降なら設定から本体まるごとダークモード(ダークテーマ)にできる
  • Android010より古くても、アプリの設定を活用すればダークモード化できる部分も
  • ダークモードは目に優しく省電力だが、人によっては文字が読みづらい

古い話ですが、昔むかし、ディスプレイやプロジェクターの明るさがさほどなかった時代(今から思うと正直暗かった時代)は、パソコンやプレゼンの背景は基本が黒だったんです。

それって、明るさを出さなくても黒背景にするとちゃんと読めるということ。なので、今の機種でダークモードにすると【省電力】&【目に優しい】穏やかな画面にできちゃうんですねえ。

最新端末の方はもちろん、それ以外の方もダークモードにする方法をご紹介しましたので、ぜひ試してみてください。

アンドロイドの電池の持ちが気になっている方にも是非お試しいただきたいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。