本日もやってまいりました!サイト運営スタッフが「知らなきゃ損なiPhone情報」をお届けさせていただきます!

avatar
黒川
最近よく営業の電話かかってくるのよね。
avatar
山下
忙しい時、そこに時間を取られるのは勘弁だよなあ。

皆さんは着信拒否の機能を使っていますか?何度断ってもかかってくる電話にイライラ…。一方、非通知はちょっと怖いですよね。

今回は、着信拒否の設定方法をお伝えします!必要な電話とそうでない電話を分けられたらとっても便利になりますよ。

特定の番号を着信拒否する方法2つ

方法①着信履歴から設定する

かかってきた電話の履歴から、着信拒否する方法です。

着信履歴を開きます。

→着信拒否したい番号の右の「i」マークを押します。

→【この発信者を着信拒否】を押します。

→赤字で【連絡先を着信拒否】という確認メッセージが出てくるので、これを押します。

方法②連絡先から設定する

電話番号を登録している相手であれば、着信履歴の右隣にある「連絡先」から設定することができます。

連絡先から着信拒否したい相手をタップし、一番下にスクロールすると【この発信者を着信拒否】があります。ここを押して、設定が完了です。

「連絡先」アプリからは着信拒否できない

注意したいのが、「電話」アプリ内の連絡先ではなく、「連絡先」のアプリから検索してしまうことです。

この連絡先からでは、一番下までスクロールしても【この発信者を着信拒否】という項目が出てきません。

連絡先アプリから設定はできません

電話アプリ内の連絡先から設定します

【番外編】キャリアの着信拒否サービスもある!

iPhone側で設定する以外には、キャリア独自の着信拒否サービスを利用するという手もあります。キャリアによって月額料金やできることに違いがあるので、ご利用時はご注意ください。

▼ 詳しくは各キャリア公式ページでご確認ください!

着信拒否の豆知識

着信拒否リストを確認する方法

以前に誰を着信拒否したかわからなくなってしまうこともあるかもしれませんね。そのようなときは、設定から着信拒否した相手を一覧で確認することができます。

設定→【電話】

→【着信拒否した連絡先】

ここで一覧を確認ができます。また、新規追加で新たに着信拒否したい番号を追加したり、既存の番号を消去することができます。

着信拒否されると相手にはバレるのか

着信拒否した場合、相手にはどのように伝わるのか気になりますよね。iPhoneの着信拒否機能は、アナウンスは流れず「ツーツー」という音が鳴るだけです。

▽ツーツー音だけであれば話し中かな?と思うだけで、着信拒否されているとは思わないでしょう。

▽気になる方は、着信拒否したときの通知音を動画で聞いてみてくださいね。

キャリアのサービスを使うとアナウンスが流れる

キャリアの着信拒否サービスを使った場合はアナウンスを流すことができます。より直接的に、着信拒否していることを相手に伝えられます

例えば、ドコモの迷惑電話ストップサービスを使うと、「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」のアナウンスが流れるようになります。

ガイダンス「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません。」で応答し、自動的に電話を終了させます(お客さまの携帯電話に着信履歴は残りません)。

引用:ドコモ迷惑電話ストップサービス

電話がかかってきたときの着信拒否

電話がかかってきたときに着信拒否をする方法もあります。

単純に今出られないのであれば、赤い電話マーク【拒否】を押すだけです。

iPhoneがロック中の場合

ロック中のときは、スリープ/スリープ解除ボタンを2回押しましょう。先ほどの【拒否】を押したときと同じく、着信を拒否することができます。

相手には、話し中の状態になるか、留守番電話サービスに転送されます。

着信拒否をしたときも、「電話」アプリ内の履歴には不在着信として履歴が残ります。

引用:Apple公式

「あとで通知」を使って、かけ直す

時計マークの「あとで通知」を押すと、自動でリマインダーをかけることができます。あとで折り返ししたいときに使える機能です。

1時間後など時間を選択しておけば、その時間になるとリマインダーが届くようになります。

非通知を拒否する方法

非通知の着信は少し怖いですよね。海外からかけているのか、深夜や早朝に着信があることもあり迷惑ですね。iPhoneでできる対処法は2つあります。

▽朝起きたら着信が残っていて、びっくりすることも…。

https://twitter.com/2_papa_/status/1359985093016571908

「不明な発信者を消音」を使う方法

設定→【電話】

→【不明な発信者を消音】をオン(緑色)にします。

これで、非通知から電話がかかってきたときに着信音は鳴らなくなります。ただし、着信履歴は残ります。また通知設定によっては、ロック画面に通知が来ることがあります。

相手へは、着信拒否同様にツーツー音が鳴るようになります。

登録されていない相手もブロックしてしまうので注意

「不明な発信者を消音」をオンにするときの注意点は、非通知電話だけではなく、連絡先に登録していない相手、もしくは着信履歴にない相手からの着信も、ブロックしてしまうという点です。

例えば、下記のようなときも応答することができなくなってしまいます

  • 家族が携帯を変えて、別の番号からかかってくるとき
  • 予約した美容院やレストランから連絡をもらうとき
  • 今までLINEを使っており、連絡先を登録していなかった友人からの連絡

「おやすみモード」を使う方法

設定→【おやすみモード】

→着信を許可のところは【すべての連絡先】で設定する。

これで、連絡先に登録した人以外の着信を拒否することができます。

注意点は、「不明な発信者を消音」を使ったとき同様、着信履歴は残る点と、連絡先に登録している番号の電話しか応答できない点です。

そもそも「おやすみモード」とは?

もともとは、就寝中にiPhoneに着信があったときに、その通知音やバイブレーションで目が覚めてしまうということを避けるための機能です。

適用時間は設定できるので、自分の寝る時間に合わせておやすみモードを使うことができます。

▼ 着信音については、こちらの記事にまとめています! 併せてご覧くださいね!

まとめ

  • 特定の番号を着信拒否したいときは、履歴と連絡先から設定することができる
  • 着信拒否した一覧は設定から確認ができる
  • iPhoneで着信拒否したときはツー音で、相手にはバレにくい
  • キャリアの着信拒否サービスを使えばアナウンスを流すことができる
  • 非通知を着信拒否するには「不明な発信者を消音」もしくは「おやすみモード」を使う

着信拒否機能を使えば、余計な電話で煩わしい思いをすることもなくなりますね。定期的に「連絡先」アプリを整理しておくと、よりスムーズに使えそうですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。