本日もやってまいりました!サイト運営スタッフが「知らなきゃ損な iPhone 情報」をお届けさせていただきます!

あなたは、タッチペン(スタイラスペン)をお持ちですか?

iPhoneの操作にタッチペンを使うという人は少なくありません。

avatar
山下
画面が汚れない・手袋をしていても使えるなど便利ですよね。

タッチペンを使う姿を見て、「使い心地はどうなんだろう…?」と気になる人もいますよね。衝動買いしてしまいそうという人もいるかもしれません。

ところが、手に入れたタッチペンは、iPhoneに反応しない場合があります。

仮に、購入を検討されているのなら、ぜひこの記事を読んでからでも遅くはありません。

この記事では、iPhoneタッチペン反応しない理由と対処について解説していきます。

iPhoneのタッチペンが反応しない時の対策【3つの対処法】

記事後半でも詳しくお伝えしますが、まずは「Apple PencilはiPhone非対応」なのでご注意下さい。

それ以外の「対応するタッチペンが反応しない」場面には、以下の原因が考えられます。

  • iPhoneの画面が汚れている
  • タッチ感度が悪い
  • タッチペンの方に問題がある

では、それぞれの原因への対処法を3つご紹介しましょう!

対処法① iPhoneの画面を綺麗にする

iPhoneのタッチパネルは、人間に流れている微量の電流を感知しています。

タッチパネル部分は指で触れることもありますので、指紋や皮脂の汚れが付着してしまう場合もあるでしょう。これが原因となり、タッチペンが反応しなくなる可能性があります。

画面の汚れが原因なら、柔らかい布(レンズクロスなど)で拭き取ってあげましょう。その際、画面に傷が付かないように優しく拭き取ってあげて下さい。

avatar
山下
この際、下記の内容を取り入れると、より安全です。
  • iPhoneの電源を落とす
  • iPhoneケースから取り外しておく
  • iPhoneの開口部に水気が入り込まないようにする

漂白剤の使用は控えること

iPhoneのお手入れは大切です。綺麗に保つ為に薬剤の使用を考える人はいるかもしれません。

しかし、漂白剤の使用は控えて下さい。故障の原因となります。

Appleサポートでも、情報を公開しています。

iPhone のお手入れに消毒剤を使っても大丈夫ですか?

70%イソプロピルアルコール含有ワイプやクロロックス除菌ワイプ (Clorox Disinfecting Wipes) を使い、iPhone の外表面を優しく拭き取る分にはかまいません。漂白剤 (ブリーチ) は使わないでください。開口部に湿気や水分が入り込まないようにご注意ください。また、洗剤類の中に iPhone を浸さないでください。

引用元:Appleサポート

対処法② タッチ調整をしてみる

タッチパネルの初期設定では「反応が悪い」「タッチペンとの相性が悪い」という場合もあるでしょう。

iPhoneはタッチパネルの調整も可能です。下記が手順となります。

  1. 設定をタップ
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
  4. タッチ調整をタップ
タッチ調整画面

上部の「タッチ調整」をオン(緑色)にすることで調整が行えます。

初期設定では「0.10秒」です。数値を上げていくことで、タッチと認識する時間が延長されます。

初期の0.10秒から下に設定することはできません。

POINT

逆に言えば、数値を上げていくほどに、1回のタッチ時間が長くなるということです。

複数回タッチしている場合でも、1回のタッチとする時間の変更も可能です。

対処法③ タッチペンを変更してみる

現在使用しているペンに原因がある可能性もあります。近くに別のタッチペンがあるのなら、そちらで動作確認を行いましょう。

また、充電式のタッチペンを使用している場合、バッテリーが切れてしまったという可能性もあります。充電後に再確認してみましょう。

一方で、「タッチペンが壊れてしまった」という場合は購入が必要です。

タッチペン(スタイラスペン)は大きく2種類に分類されます。

  • 充電式のペン
  • 充電式と異なるペン

充電式

USBに接続して充電し、デバイスとペアリングして操作を行うタイプのペンです。

ペン先からの遅延も少なく、快適な操作に向いています。ただ、高額な商品も多く、1万円を超えるスタイラスペンも珍しくありません。

POINT

上でも触れたApple Pencilは1万円を超えますので、購入してから「iPhoneに対応していないの!?」とならない様に注意しましょう。

非充電式

ペン先に樹脂や金属繊維が使われているタイプで、ペン先が丸く大きかったり、円盤の様なモノがついていたりします。

ペン先が比較的大きくなりますので、「見辛い」というデメリットはありますが、円盤型を使用することで軽減は可能です。

この非充電式は、充電式に比べ安価で、1000円以内で購入できる商品も多くあります。なので、ペン選びに失敗しても、お財布的にはそこまで痛くはありません。

ただ、繊細なタッチは苦手なので、「iPhoneを使って絵を描きたい」という場合には不向きとなるでしょう。

また、安価な商品では「すぐペン先が悪くなる」という可能性もあります。

avatar
山下
購入前には、一度使い心地を確かめて「自分に合ったペン」を見つけるのが一番です。

故障かな?と思ったら

仮に、iPhoneのタッチパネルに問題がある場合、修理が必要となります。

AppleCareのサポート対象になっている、または正規アップルストアが近くにあるという場合は、一度相談してみることをおすすめします。

宅配サービスによる修理も受け付けていますので、近くに正規ストアが無いという人でも対応は可能です。

avatar
山下
アップルストアって少ないですからねぇ…。

非正規の修理店を利用する

最近では「Appleとは非正規のスマホ修理店」が増えています。

デバイスの状態や店舗状況にもよりますが、正規店に比べ「早く」「安く」「近い」というのがメリットです。

  • その日のうちに修理完了
  • 正規店より比較的安価
  • 店舗数が多い

一方で、正規店での修理を行っていない「改造品」という扱いとなりますので、非正規店で修理したデバイスは、正規店でのサービスを受けられなくなるデメリットもあります。

All Smart Phone Media

スマプラも、スマホ修理を請負う専門店です。商業施設内に店舗を構えていますので、「お買い物のついでに」「映画を見ている間に」など気軽に利用ができます。

また、スマプラではスマホアクセサリーを豊富に取り揃えています。店内も明るい雰囲気になっていますので、ぜひ気軽にお立ち寄り下さい。

avatar
山下
勿論、修理のご相談などにも対応しますよ!

購入前に知っておきたい「Apple Pencilは対応していない」!

スマホのタッチペン(スタイラスペン)は、デバイスによっては対応していない場合があります。

例えばですが、Apple Pencilは、iPhoneには対応していません。iPadでの使用が主になります。

なので、ApplePencilをiPhone用のタッチペンとして購入しても、使用できません。

avatar
山下
同じApple製品ですが、iPhoneには非対応なんです。

購入してから「使えない」とわかるとショックですよね。タッチペンを購入する時は、必ず対応機種を確認することをおすすめします!

まとめ

iPhoneのタッチペン(スタイラスペン)が反応しない理由で考えられるのは、

  • タッチペンが対応していない
  • 画面が汚れている
  • 感度が弱い
  • タッチペンに問題がある

など様々です。タッチペンは安価なものから高額なものまで様々な種類があります。また充電するタイプやペン先が大きいものまで見た目も様々です。

購入前には、まず使用感を確かめ、「自分に合ったペン」を見つけることをおすすめします。

スマートフォン全般に関するお役立ち情報では、この記事の他にも様々な情報記事を公開しています。ぜひ参考にご覧下さい。