本日もやってまいりました!サイト運営スタッフが「知らなきゃ損な iPhone 情報」をお届けさせていただきます!

avatar
山下
iPhoneのアプリがすぐに落ちるんですけど! どうして…!?
avatar
黒川
それ、理由はiPhoneからの「SOS」かも知れませんよ。1つずつ対処法を試してみましょう!

iPhoneを使用中にアプリが落ちてしまうと、快適に操作できなくて困りますよね。何度も繰り返されるとイライラ……。

アプリが落ちてしまう理由はいくつかあります。理由と一緒に、試してみたい対処法を8つのステップ形式でお伝えしますね!

アプリが落ちる理由は「iPhoneからのSOS?」

iPhoneを使用中に、終了の操作をしていないのにアプリが急に落ちてしまうことはありませんか?

実はそれ、iPhoneからのSOSかもしれません。
アプリが落ちる時は、下記のような理由が潜んでいる場合があります。

  • プログラム上のトラブル
    • 処理に負担がかかっている
    • エラーが発生している
  • 物理的なトラブル
    • バッテリーの劣化
    • iPhone本体の不調・故障

プログラム上のトラブル

処理に負担がかかっている

iPhoneに負担がかかると、アプリを処理する余裕がなくなって「アプリが落ちる」という結果が訪れることがあります。

考えられる理由

● 充電しながら使用している
● 長時間、連続で使用している
● 複数のアプリを起動したまま使用している
● iPhoneの容量不足
● 「処理が遅いから」と何度もタップした  など

avatar
黒川
人間も、たくさんの仕事を「急いで!」って渡されると、ストレスになりますよね。iPhoneの使用方法を見直す時かもしれません。

エラーが発生している

プログラムの不具合は、人間の目からはわかりづらいです。

もしかすると処理の途中でエラーが発生していて、それが「アプリが落ちる」という挙動に現れているのかもしれません。

考えられる理由

● 処理の誤作動
● システムのエラー
● iOSのバージョンが古い
● アプリのバージョンが古い
● アプリの相性が悪い  など

物理的なトラブル

iPhoneに物理的なトラブルが発生している可能性もあります。

バッテリーの不調・劣化

「バッテリーがアプリの挙動に影響するの?」と驚かれるかもしれませんね。バッテリーのパフォーマンスが低下しているとiPhoneの操作に影響が出ることもあります。

考えられる理由

● バッテリーが熱くなっている(充電中など)
● 充電不足
● 初期不良による故障
● 長年の使用による劣化
● 人為的なトラブルでの故障(落とした など)

など

iPhone本体の不調・故障

プログラム上の不具合やバッテリーの問題が無い場合は、iPhone本体に不調の原因があるかもしれません。

考えられる理由

● 初期不良による故障
● 長年の使用による劣化
● 人為的なトラブルでの故障(落とした など)

など

iPhone本体やバッテリーの不調は、専門家に任せるのが最も確実で安心です。iPhoneを購入したショップやメーカー、修理店などに持ち込んでみましょう。

avatar
黒川
スマプラではiPhoneの修理も承っております。ぜひお気軽にご相談下さいね!
All Smart Phone Media

アプリが落ちる時の対処法!【8ステップ】

スマホによってアプリが落ちる理由はさまざまです。どれが原因なのか特定しにくい場合は、1つずつ対処法を試してみましょう。

▽ この記事でお伝えするのは、下記の8ステップです!

  1. スマホの熱を冷ます
  2. バッテリーを充電
  3. 使っていないアプリを終了する
  4. 再起動する
  5. 容量を空ける
  6. アプリ/iOSのアップデート
  7. アプリの再インストール
  8. 初期化する

▽ 何度も繰り返されると困りますし、せっかくの気分も台無しですよね。アプリが落ちる時は、1つずつ対処法をためしてみましょう。

ステップ1・スマホの熱を冷ます

まずは、iPhoneが熱を発していないかチェックしましょう。もし熱くなっているようであれば、風通しの良い場所に置いてしばらく様子を見てみるのがおすすめです。

充電中の使用や、長時間にわたる連続しての使用はiPhoneに負担がかかります。使いたい気持ちをぐっとこらえて休ませてあげましょう。

熱を冷ます時の注意点

  • 急激に冷やすのはNG!

「すぐに冷やさなきゃ!」と冷蔵庫に入れたり、保冷剤を当てたりして、急激に冷やす行為は厳禁です。iPhoneの内部で結露が発生して故障の原因になりかねませんのでご注意下さいね!

ステップ2・バッテリーを充電

バッテリー残量が少なくなっていると、iPhoneの動作が重くなる(遅くなる)ことがあります。

充電して様子を見てみましょう。

ステップ3・使っていないアプリを終了する

複数のアプリを起動したままではありませんか? たくさんのアプリを開いたままだとiPhoneの処理に負担がかかります。いったん、余分なアプリを終了してみましょう

avatar
山下
アプリ同士の相性が悪いことも考えられます。「いつもこの組み合わせで落ちるなぁ……」という組み合わせが無いかもチェックしてみて下さいね!

ステップ4・再起動する

プログラム処理の不具合は再起動で改善する場合があります。一度、再起動も試してみましょう!

▽ 機種ごとの再起動の手順は、こちらをご参考下さい
Apple公式 iPhoneを再起動する

ステップ5・容量を空ける

空き容量は十分あるでしょうか?
iPhoneの空き容量が少なくなると、プログラムを動かす余裕が無くなってきて、アプリの処理でiPhoneに負担がかかってしまうことがあります。

容量を空ける方法の例

● キャッシュを消す
● いらない写真・動画を消す
● 使わないアプリのアンインストール など

▽ こちらは、iPhoneの空き容量を確保する方法がまとめて紹介されている動画です。(※ ご注意:約8分強の長めの動画です)

【ストレージの使用状況を確認する手順】

  1. 「設定」アプリを起動
  2. 「一般」へと進む
  3. 「iPhoneストレージ」をタップ

ステップ6・アプリ/iOSのアップデート

アプリやiOSのバージョンが古いままではないでしょうか? もしアップデートが可能であれば、最新バージョンにしてみましょう

バージョンが古いと動作が不安定になったりする可能性があります。

アプリのサポートが終わっている場合は注意!

avatar
山下
サポートが終了したアプリによっては、最新のiOSに対応していないことも……。

そういった場合には、iOSをダウングレードすれば再び正常に使えるようになる可能性が残っています。

しかし、セキュリティの問題などがありますので、iOSのダウングレードはあまりおすすめできません。試す時はご注意下さいね。

ステップ7・アプリの再インストール

もしアプリを最新バージョンにアップデートしても改善しない場合は、再インストールも試してみましょう。

アプリのプログラムが壊れてしまっているのかもしれません。いったんアンインストールしてからもう一度アプリを入れ直すことで、正しい状態に戻すことができるでしょう。

アンインストール前の注意点

アプリによっては、ユーザー情報を引き継ぐための条件が設けられている場合があります。アンインストールを実行する前に、念のためにアプリ情報などで確認しておきましょう。

例)ユーザーID、引継ぎコード など

ステップ8・初期化する

これまでにご紹介した方法でも改善しなければ、最後に試してみたいのが「本体の初期化」です。

初期化をすると、簡単な操作だけでは消しきれない「データの残りかす」やプログラムの不具合を一気に解消できる可能性があるのです。

しかし、初期化にはデメリットやリスクもありますので、試してみる場合はよく検討してからにしましょう!

初期化のメリット

● 容量不足・プログラムの不具合を解消できるかもしれない
● 問題が起こる前のバックアップデータがあれば、バックアップ時点での状態に復元することも可能

初期化のデメリット・リスク

● 必ず問題が解消できるとは限らない
● 手順ミスで失敗するとデータを失う可能性がある
● アプリによっては、復元してもデータが戻らない可能性がある

▽ こちらは、iPhoneの初期化について紹介されている動画です。
 (※ ご注意:7分強のやや長めの動画です)

【iPhoneを初期化する前にしておきたい事前準備】

  • パソコン・iTunesを最新の状態にしておく
  • バックアップを取っておく
  • iCloudからサインアウトしておく
  • アプリ内の引継ぎ設定をすませておく

    など
avatar
黒川
初期化には、手順ミスなどで復元に失敗するリスクもあります。データのバックアップを取ってから実行してくださいね!

それでも解決しない場合は……

ここまででお伝えした対処法を試してみても改善しない場合、iPhone本体やバッテリーの故障・劣化が原因であるのかもしれません。

avatar
山下
長年使っているのであれば、そろそろ買い替えも検討する時なのかもしれませんね。

しかし、買い替える前にできることがあります。「ショップ」「メーカー」「修理店」に相談してみることで、状況が改善するかもしれません!

ショップ/メーカーに相談

iPhoneを購入したショップや、Apple公式サポートに相談してみましょう。不具合の原因が「保証期間内の自然劣化」や「初期不良」であれば、無料で修理/交換してもらえる可能性もあります。

買ったばかりのiPhoneである場合や、保証サービス「Apple care+」に加入している場合は、ショップ/Apple公式サポートへ連絡してみるのはアリですよ!

▽ Apple公式サポートはこちらから
Apple サポート

修理店へ持ち込む

街の修理店に持ち込むという選択肢もあります。「修理店って何だか怖そう……」「ちゃんと修理できるのか不安」というイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、メリットもしっかりありますよ!

街の修理店のメリット

● たいていは、メーカーよりも安く修理できる
● 近くにあるので、相談だけでも立ち寄りやすい
● 場合によっては即日修理が可能  など

スマプラでは、iPhone/iPadの修理も承っております。店舗にはiPhone修理専門のスタッフが常駐していますので、ぜひご相談ください!

avatar
黒川
店内はオシャレ&清潔なので、男性・女性問わず入りやすいのがスマプラの特徴です♪

▽ iPhoneの修理はスマプラへご相談下さい!

All Smart Phone Media
avatar
山下
ショッピングモールに入っているスマプラ店舗もあるので、お気軽にお立ち寄り下さいね。

まとめ

  • プログラム上のトラブル
    • 処理に負担がかかっている
      (複数のアプリが起動している、容量不足 など)
    • エラーが発生している
      (システムのエラー、アプリ/iOSのバージョンが古い など)
  • 物理的なトラブル
    • バッテリーの劣化
    • iPhone本体の不調・故障

アプリが落ちる理由はさまざまです。どれが原因なのか特定しにくい場合は、この記事でお伝えした8つの対処法を1つずつ試してみて下さい。

それでも改善しない場合は、iPhone本体やバッテリーの故障・劣化が原因であるのかもしれません。スマプラではiPhoneの修理も承っております。よろしければお気軽にご相談下さいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。