本日もやってまいりました!サイト運営スタッフが「知らなきゃ損な iPhone 情報」をお届けさせていただきます!

あなたは、「iPhoneを紛失して困った」という経験はありませんか?

avatar
山下
「無くした!?」と気がついた時はゾッとしますよね。

無事手元に帰ってくることもありますが、悪用されてしまうという可能性は否定できません。

手元に無いことが分かると不安になりますよね。

そこで、この記事では「iPhone遠隔ロック」について、下記の内容を解説していきます。

  • 遠隔ロックに必要な4つの条件
  • 遠隔ロックの方法/解除の方法
  • もし故障していたら?
avatar
黒川
ぜひ参考にしてみて下さいね。

遠隔ロックに必要な4つの条件

遠隔ロックとは、他のデバイスから紛失したiPhoneを見つけ、紛失したデバイスであることを証明し、ロックする操作です。

iPhoneを紛失した際、遠隔ロックすることであなたの情報を保護できます。ただ、遠隔ロックするには4つの条件が必要です。

  • 「iPhoneを探す」がオンになっていること
  • 「iPhoneの位置情報サービス」がオンになっていること
  • 遠隔ロックを操作する為のデバイスがあること
  • Apple IDとパスワードを把握していること
avatar
山下
上に紹介した条件がクリアされないと、他のデバイスから紛失したiPhoneを探せないんです!

その1:「iPhoneを探す」

確認手順は下記をご覧下さい。

  1. 設定をタップ
  2. パスワードとアカウントをタップ
  3. iCloudをタップ
  4. 「iPhoneを探す」がオンになっているか確認

画面右側に「オン」と表示されていれば問題ありません。

その2:「iPhoneの位置情報サービス」

位置情報サービスの確認手順は、下記をご覧下さい。

  1. 設定をタップ
  2. プライバシーをタップ
  3. 位置情報がオンになっているか確認

こちらも画面右側に「オン」が表示されていれば問題ありません。

その3:遠隔ロック操作する為のデバイス

遠隔ロックにはiPhoneを操作する為のデバイスが必要になります。インターネットに接続できるPCやスマートフォンがあれば問題ありません。

ご自宅にあるPC、またはご家族のスマートフォンからiPhoneを探すページにアクセスすれば遠隔ロックが可能です。

Macからの画面

Apple IDとパスワードを把握している

上のiPhoneを探す画像にも表示されていますが、紛失したiPhoneの遠隔操作の為には、Apple IDとパスワードが必要です。

avatar
山下
頻繁に使わないIDやパスワードは忘れてしまいがちですよね。
avatar
黒川
iPhoneにメモしてあるって人もいるでしょうけど、iPhoneが無い状態では分かりません。

「IDとパスワードなんだっけ…」とならないように、お持ちのiPhoneとは別のデバイス、またはメモ帳などにメモし、普段からIDとパスワードを確認できる様にしておきましょう。

もし忘れてしまったら?

もしパスワードが思い出せない場合、パスワード変更することで対応は可能です。Appleサポートにも詳細が記載されていますのでご確認下さい。


▼ Android版の「紛失対策」はこちらから!

遠隔ロックの方法

遠隔ロックはインターネットに接続されたPC、またはスマートフォンで操作することが可能です。

▼ 経験者はかく語る…。無事に返ってきて良かったですね!

遠隔ロックの実行手順

  1. iPhoneを探すにアクセス・またはiPhoneを探すアプリの起動
  2. Apple IDとパスワードを入力
  3. ロックしたいiPhoneの「紛失モード」を選択する
  4. 緊急連絡先の登録・メッセージをiPhoneに入力する

手順1:「iPhoneを探す」にアクセス/アプリ起動

Macからの画面
iPhoneでの画面

まずはインターネットに接続できるデバイスからiPhoneを探すにアクセスしましょう。別のiPhoneを使用する場合、専用のアプリを起動しましょう。

手順2:AppleIDとパスワードを入力し、デバイスを探す

Apple IDとパスワードを入力すると捜索を開始し、そのIDに紐づけられているデバイスを表示しますので、位置を確認しましょう。

仮に、同じIDでiPhone、iPad、Macを紐付けている場合、同じ場所に3台ともある状態なら3台が付近に表示されます。

探しているデバイスの位置を表示してくれますが、正確な位置まで表示するのは難しく、若干の誤差があります。(数メートル〜数十メートル)

手順3:「紛失モード」に入る

探しているデバイスを見つけたら、「紛失モード」を選択し、遠隔ロックする準備に入りましょう。

手順4:緊急連絡先の登録・メッセージを入力

紛失モードを選択すると、連絡先を入力する画面が表示されます。ここに番号を入力すると、紛失したiPhoneに入力した番号が表示される仕組みです。

ただ、これは必須では無い為、次に進めることは可能です。

次に、メッセージを入力する画面に入ります。ここでiPhoneを拾ってくれた人にメッセージを送信できる仕組みです。

なおこのメッセージ部分には、デフォルトのメッセージがあります。

【デフォルトメッセージ】

このiPhoneは持ち主が紛失したものです。見つけた方はご連絡をお願いします。

遠隔ロック状態のiPhone

これで指定したiPhoneが遠隔ロック状態になりました。

avatar
山下
Appleサポートでも手順を公開しています。
電源が切れてしまったら?

iPhoneの位置情報が最後にAppleへ送信された24時間後以降は表示されなくなります。

遠隔ロックを解除する手順

無事にiPhoneが手元に戻ったら、今度は遠隔ロックを解除する番です!
遠隔ロックが掛かったままだと使用できませんので、手順にそって操作を進めていって下さいね。

  1. iPhoneを探すにアクセス・またはiPhoneを探すアプリの起動
  2. Apple IDとパスワードを入力
  3. ロックを解除したいiPhoneの「紛失モード」を選択する
  4. 「紛失モード停止」をクリック
    (アプリからの場合は「紛失モードをオフ」をタップ)

遠隔ロックを悪用した「乗っ取り」に注意!

ここまで遠隔ロックの操作手順/解除手順を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?「思ったより簡単なんだね!」と思われた方も多いと思います。

avatar
黒川
もっと大変だと思ってた! 4ステップでロック/解除の設定ができちゃうんですね。
avatar
山下
ユーザーからしたら、手順が簡単なのは嬉しいですよね。でも、ここに落とし穴があるんですよ…。

実は操作手順が簡単である反面、機能が悪用されて「乗っ取り」に使用されてしまうケースも見受けられます。怖いですね。

乗っ取られたiPhoneから友達に詐欺メールを送られてしまったり…と、とても大きなリスクが考えられます。乗っ取りに悪用されてしまわないように対策もしていきましょう。

できる対策は下記の4つです。

  • 友人・家族間で、万一の時の合言葉などを決めておく
    (自分の名前で不審なメッセージが届いたら、本人かどうか確認してもらいましょう)
  • Apple IDのパスワードをこまめに変える
  • iPhone内でよく使用するアカウントのパスワードをこまめに変える
    (Twitterなど)
  • iPhoneを失くしたら、すみやかに警察/通信事業者に連絡する

AppleIDとパスワードが流出してしまうと、悪い人にも「簡単」に、あなたのiPhoneを遠隔操作する機能が利用できてしまいます。

avatar
山下
パスワード類はしっかり管理!が鉄則です。

もし故障していたら?

紛失したiPhoneを無事回収できたとしても、天候や状況によっては故障している場合もあるでしょう。

無事帰ってきただけでも一安心ですが、故障したままではiPhoneが使えません。

avatar
山下
仕方ない…。寿命と思って買い替えるかぁ…。
avatar
黒川
ちょっと待って~! 案外、修理で間に合うかもしれませんよ?

故障の具合次第では、修理できる可能性があります。場合によっては買い替えるよりも安く済むかもしれませんので、ぜひ修理店にも相談してみて下さい!

  • 正規の相談先
  • 非正規の修理店(街の修理店)

の2つの相談先があります。

正規Appleストアや各携帯キャリアショップ

お近くの正規Appleストアや携帯キャリアから修理の依頼が可能です。

お店に持ち込んで受付の他にも宅配サービスを利用しての修理を受け付けているキャリアもあります。

avatar
黒川
下記は各キャリアの修理に関するページのリンクです。

非正規の修理ショップという選択肢も

Appleの非正規ではありますが、iPhoneの修理を請負う専門店が多くあります。

SmaPla(スマプラ)もそのひとつです。

スマプラでは、スマートフォンアクセサリーを豊富に取り揃え、故障してしまったiPhoneの修理にも対応しています。

オシャレな内装・安全な空間を用意し、お気軽に立ち寄れるショップになっていますので、ぜひ一度お越し下さい。

また、スマートフォン全般に関するお役立ち情報では、この記事意外にも様々な情報記事を公開しています。

avatar
山下
ぜひご覧下さい!

まとめ

iPhoneが紛失してしまったらショックですよね。

それでもまだ手元に帰ってくる可能性はあります。悪用されない為にも遠隔ロックを実行して、大切な個人情報を守りましょう。

遠隔ロックにはデバイスを守るだけでなく連絡先やメッセージを表示させる機能もあります。便利に活用し、無事に帰ってくるように手を尽くべきです。

iPhoneが無事手元に戻ってきたとしても、天候や状況によっては故障している可能性はゼロではありません。

何かご不明な点があれば、お近くのスマプラまでご相談下さい。