本日もやってまいりました!サイト運営スタッフが「知らなきゃ損な android 情報」をお届けさせていただきます!

スクリーンタイム機能ってご存知ですか?

スクリーンタイムはiPhoneに搭載されている機能の名前で、端末をどれくらい使うかを自分でコントロールするのに便利な機能なんです。

avatar
黒川
そういえばiPhoneの友人が、子どもにスマホ渡すときに制限かけてるって言ってたけど、Androidでもスクリーンタイムで制限出来るんですか?
avatar
山下
もちろん出来ますよ!

スクリーンタイム機能を上手に活用すれば、夜中まで夢中になってスマホを見てしまって寝不足…なんてことや、子どもが何時間もスマホゲームしてた!なんてことを未然に防げます。

一人一台スマホの時代ですから、便利な機能を活用して、スマホとの適切な距離を保てるようにしたいですね。では早速くわしくご紹介していきます!

AndroidのスクリーンタイムはDigital Wellbeing

Android 9以降の方は端末にスクリーンタイム機能が搭載されており、名称はDigital Wellbeing(デジタル・ウェルビーイング)です。

スクリーンタイムは、「どのくらい端末を見ているか(アプリ別)」と言うことの確認や、「アプリごとの使える時間に制限をかける」ということが代表的な機能です。

本記事では、

  1. Digital Wellbeingの使い方
  2. Digital Wellbeingで出来ることの詳細

の順番に解説していきます。

avatar
山下
2つ目に「出来ることの詳細」と書きましたが、Digital Wellbeingはその他の便利機能が実はたくさんあるんです

Android9にアップデートできない方はアプリを使うことで同様のことができるようになります。アプリはこの記事の後半でご紹介しますので、Android9より前の端末の方は後半まで飛ばしてくださいね。

Android9以降なのに端末に入っていない方は下記からダウンロードをお願いします。

▼ダウンロードはコチラから!

Digital Wellbeing
Digital Wellbeing
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

システムアップデートの方法については下記の記事で解説していますので、アップデートしてないかも〜という方は是非一度見てみてください。

1.簡単なDigital Wellbeingの使い方

Digital Wellbeingは【設定】から開く

avatar
山下
いかにもアプリ!って感じがすると思うんですが、アプリアイコンはなく、【設定】から開きます。

【設定】を開くと、【Digital Wellbeingと保護者による使用制限】と言う項目がありますので、そこをタップして開いてください。

avatar
山下
端末内検索を使って”Digital Wellbeing”を検索して出すのも早いですよ

設定の開き方や、端末内検索について知りたい方は下記記事をご参考になさってください。

最初に開く画面では「その日使った時間」が表示される

Digital Wellbeingを開くとまず、「その日にどのアプリをどのくらいの時間使ったか」が表示されます。

引用:ソフトバンク オンライン説明書

上記の画面が表示されず、「Wellbeingツール」という項目と「保護者による使用制限」という項目が表示された場合は、「Wellbeingツール」の【データを表示】をクリックしてください。

avatar
山下
どのくらいの通知があったかや、ロックを何回解除したかも表示されますよ
avatar
黒川
これを見ればどのアプリを自分がよく使っているのかが一目で分かりますね

ダッシュボードから詳細確認や制限の設定を行う

最初に開く画面の下の方に「ダッシュボード」という項目があります。

avatar
山下
よく使う場所なので覚えておいてくださいね!

ダッシュボードからは、個別のアプリの使用時間が見られるほか、アプリ名の右にある砂時計アイコンから利用時間の制限設定をすることができます。(下記画像のようにアプリ詳細を開いてからでもタイマーの選択が可能です)


引用:SHARP公式 AQUOS使いこなし術

これが「アプリタイマー」機能で、設定した時間を経過するとタイマーによりアプリの起動が出来ないようになります

アプリタイマーは1日あたりの設定なので、毎日リセットされますよ。

2.Digital Wellbeingで出来ること

avatar
山下
スクリーンタイムといえば、アプリの使用時間制限用というイメージの方も多いと思いますが、実はDigital Wellbeingでは「時間制限」以外の便利機能がたくさんあるんです。

機能は大きく4種類です。

  1. アンプラグ機能
  2. 生産性向上機能
  3. 使いすぎ防止機能
  4. 保護者による使用制限
avatar
黒川
使いすぎ防止と保護者による使用制限はイメージつきますが、残りの2つがピンとこない…
avatar
山下
そのピンとこない方の機能が、結構便利なんですよ〜

1.アンプラグ機能

アンプラグ機能は擬似的な電源オフ機能で、具体的には3つの機能があります。

おやすみモード:スマホに夜中起こされない

睡眠時間を設定しておくと、その時間の間自動でサイレントモードになります。

avatar
黒川
緊急の電話とかは通知して欲しいんですけど…
avatar
山下
標準設定では15分以内に2回同じ電話番号から着信があった場合は通知されますよ!

また、指定した連絡先の方からの電話は常に通知させるなどの細かい設定も可能です。

通知オフ以外に、画面が白黒になって光の刺激を抑えてくれます。もちろん、白黒モード(グレースケール)だけオフにするなどのカスタマイズもOKです。

仕事用プロファイル:スマホ内でオンオフ切り替え

私用と仕事用で同じAndroidをお使いの方にオススメの機能がこちら。私用と仕事用それぞれにプロファイルというのを設定し、1台の端末の中でアプリやデータを分けることができるんです。

avatar
黒川
こちらのTwitterの方のいう通り、家に帰ってもついつい仕事の事が見えて気になっちゃうというのが防げるのはいいですよね~

仕事用プロファイルについて詳しく知りたい方はぜひ、Google公式サイトをご確認ください。設定方法なども記載されています。(仕事用プロファイル自体はAndroid5以上で設定できます)

夜間モード:ブルーライトで目が覚めるのを防ぐ

avatar
山下
なんとなくおやすみモードと似た感じですが、こちらは画面の色が白黒ではなく「やや暖色系」になるモードです。
avatar
黒川
なるほど、青白いブルー系の光は脳が覚醒して寝つきが悪くなるって言いますもんね

2.生産性向上機能

先程はオフタイム向けの機能が多めでしたが、こちらは逆にオンタイム向けの機能です。

ふせるだけでサイレントモードをオン

スマホの画面を下に伏せるだけで通知音などがしなくなるサイレントモードになる機能です。

画面を上にするとサイレントモードはオフになり、端末を開いてなどの操作が一切不要なんです。

avatar
黒川
そっと伏せればいいだけって、会議の時とかにも便利ですよね

フォーカスモード

ついつい気になるあのアプリ…だけ一時的に停止できる機能です。

通知のカスタマイズ

例えば、集中して仕事したいからSNSの通知はオフで、電話とEメールだけ通知オン!などとカスタマイズ出来ます。

3.使いすぎ防止機能

こちらは冒頭で説明した「ダッシュボードでの時間確認」と「アプリタイマー」のことです。

先程は説明を省きましたが、ダッシュボードではロック解除回数やスマホを見ている時間の目標を設定することができます。

avatar
山下
物理的にアプリをロックするのはちょっと…という方はまず目標設定から取り組まれるのもいいかもしれませんね。

4.保護者による使用制限

お子様のアプリ利用を管理

子ども向けじゃないアプリを勝手にダウンロードしたり、勝手に課金したり…そんなトラブルを未然に防げる機能です。

また、親の端末を子どもに貸すときに見せたくないアプリがあれば隠せる機能もあります。

利用時間を管理

端末を使える時間の長さ、だけでなくアプリごとの使用可能時間や、さらには使用可能時間帯も決めることができます。

ボーナスタイム

端末利用時間を一回だけ伸ばせる機能です。

avatar
黒川
あと数分でキリよく終わる!という時など、少しなら伸ばしてあげたい時に便利ですね

ファミリーリンクアプリを入れよう

Android10以降の方は元から入っていますが、それより前の方はファミリーリンクというGoogleのアプリを入れることで、より便利に子どものアプリ利用などを管理できます。(→ダウンロードはGoogle Playからできます)

こちらは【親の端末から子どもの端末を制限できる】ので、子ども専用端末を渡している方には特にオススメです。

下記Youtubeはソフトバンクのものですが、その他のキャリアの方も共通なので参考になさってくださいね。

Android9でなくてもOKのスクリーンタイムアプリ3選

1.ActionDash(アクションダッシュ)

こちらはAndroid5以上で使えるスクリーンタイムアプリです。

avatar
山下
なんとこのアプリはGoogle Play Storeで「必須アプリ」にフィーチャーされたことがあるそうですよ!

▼ダウンロードはコチラから!

健全なデジタルライフとスマホ使用時間管理 (ActionDash)
健全なデジタルライフとスマホ使用時間管理 (ActionDash)
開発元:ActionDash
無料
posted withアプリーチ

2.StayFree(ステイフリー)


引用:Google Play StayFree

こちらもAndroid要件は5以上です。

基本機能はご紹介してきたDigital wellbeingなどと同様なのですが、使用時間レポートに世界のアプリ使用平均時間が表示されるので、一つの目安にできそうですね。

▼ダウンロードはコチラから!

スマホ依存対策 スクリーンタイム (StayFree)
スマホ依存対策 スクリーンタイム (StayFree)
開発元:StayFree Apps
無料
posted withアプリーチ

3.ファミリーリンク


引用:Google Play Family link

先ほどDigital Wellbeingでできることの説明の中でもご紹介したアプリですが、実はファミリーリンクはDigital Wellbeingを入れられない端末の方でも使えます(Android5以上。しかもiPhoneでも OK)

avatar
黒川
子どもさんのスクリーンタイムだけ管理したい方にはこちらがオススメです!

子どもの安全管理用アプリなので、利用時間だけでなく、端末の位置情報も見られますよ!

▼ダウンロードはコチラから!(親の端末用)

お子様向け Google ファミリー リンク
お子様向け Google ファミリー リンク
開発元:Google LLC
posted withアプリーチ

▼ダウンロードはコチラから!(子の端末用)

お子様向け Google ファミリー リンク
お子様向け Google ファミリー リンク
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

まとめ

  • Androidのスクリーンタイム機能は「Digital Wellbeing」で設定から開く(Android9以上の方)
  • Digital Wellbeingには、アプリの時間管理だけでなく、伏せるだけでサイレントモードなどの便利機能がたくさんある
  • Android9より前の方もスクリーンタイムアプリを入れることでアプリの時間管理などが可能

私たちの生活になくてはならないものとなったスマホやタブレット。それだけに使いすぎ・スマホ中毒が問題になりつつあります。

ついつい無駄にスマホを見てしまって時間がない…なんてことになるまえに、ぜひスクリーンタイム機能を活用しましょう!

ご紹介した通り、スクリーンタイム機能はただのアプリ制限機能ではなく、一日の生産性を向上させるのに非常に役立ちます。

逆説的ではありますが、スマホを活用するためにも、スクリーンタイムアプリを使ってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。